オペ室で応援ナースとして働く看護師のブログ

オペ室で応援ナースとして働く看護師のブログです。オペ室応援ナースで働くことをなぜ選択したのか、おすすめなのか、分かりやすく書いています。

オペ室応援ナースとは、短期契約でオペ室専門の看護師として働くシステムです。
即戦力で働くことができ、高収入・高待遇。
応援ナースで働きたい方はナースパワーに登録!
看護師さんの転職なら全国10万人が利用するナースパワー

タグ:看護師

office-work-1149087_640
オペ室応援ナースに向いている人についてです。

 

オペ室勤務につよいこだわりがある人が向いている気がします。

 

さらに応援ナースとして働くには、即戦力で働けるだけの経歴や危機管理能力、冷静な判断力が必要です。また手術は執刀医、助手、麻酔科医、臨床工学技士、看護師のチークワークで行われますので、まわりの動きを見て自ら判断して正しく動くことが必要ですね。

 


また、即戦力で働くというのは豊富な手術経験と知識が必要となると思います。
診療科目や術式が異なれば、看護師の働き方も変わります。

器械だし一つとっても異なりますし、手術の進行がある程度予想できなければ、執刀医をスムーズにアシストすることも難しくなります。

 

そのため、今ある経験や知識に頼るのではなく、常に経験を積み、知識を得る貪欲さがないと、行き詰まりを感じてしまうと思います。

 

時には、医師が読むような専門書を読んで知識をつけることもありますし、医師から直接術式について教えてもらうこともあります。

 

医学が進歩して新たな術式が出てくる限り、オペ室勤務の看護師も、常に新しい知識を蓄え続ける前向きさはないとしんどくなると思います。

 

 

それをやりがいと感じるか、辛いと感じるかは人それぞれですが、少なくともやりがいと感じられなければオペ室看護師は勤まらないと思います。

 

 

 

それから、応援ナースについてですが、6ヶ月間の短期契約でオペ室看護師の人手が足りない病院に勤務します。
勤務地域や病院へのこだわりが強すぎると思うような求人がないこともありますので、自分の中での優先順位はつけておいた方が良いですね。

 

あと応援ナースを選ぶ人というのは、どこででもすぐに即戦力で力を発揮できる強さがあります。
経験豊富でも性格的に向かないこともありますので、よく考えて判断した方が良いですね。

 

逆に、応援ナースとして働き始めることで、新たな自分に出会うこともあります。

 

オペ室応援ナースは一つの魅力ある働き方ですが、誰でも気軽にできるものではないです。

興味を持ったり気になる人は、まずはナースパワーに登録して、詳細を聞いてみることをおすすめします。

慌てて、今勤務する病院に辞表を出して、それから職探し、なんてことは避けてくださいね。

nurse-1111463_640
オペ室応援ナースで働く面白さは、オペ室専門の看護師として働けるので目の前でいろいろな手術を見ることができること、これが一番ですね。

 

同じ看護師であっても、オペ室勤務でなければ手術を目の前で見ることはできません。

 

病棟や外来勤務の看護師仲間と話していても、「オペ室って何するの?」ってよく聞かれます。

 
 

看護師の仕事って、患者と接することと思いがちじゃないですか?

オペ室だと、患者は麻酔で寝ていますし、実際に執刀するのは医師。
では、看護師の仕事は?ってなるようです。

 

それと、オペ室って閉鎖された空間で、誰もが自由に出入りできる場所じゃないんですよね。
オペ室勤務じゃない場合、オペ室に入ったことがない看護師がほとんどだと思います。

 

看護学校での実習も見学だけで、実際に手術に立ち会ったりなんてありませんよね。

 

 

未知なる世界だからか、オペ室勤務は敬遠されがちのようです。

だから、私のように、オペ室から病棟に異動になって、「オペ室で働きたいので辞めます」という人はかなり珍しいかと。
普通は、5年もオペ室勤務をしていれば、病棟に異動したいと思うようです。

 

 

患者とのコミュニケーションを第一に考えて、それが看護師としてのやりがいと感じる人にはあまり理解されないかもしれませんが、オペ室で働いていると、「この患者の病状はどこに問題があるのか?」が具体的に分かり、「どこをどうすれば治るのか?」を実践しているところを見ることができるんですよね。

 

そこを知ることができると、この患者には何が必要か、が分かるので、患者と接する時にも大いに役立つと思うんです。

 
 

私は病棟勤務経験が数ヶ月しかないのですが、オペ室経験があることで、病状を見れば大体どういう手術なのか分かり、術前後のケアの仕方に役立ちました。

 

 

あと、手術は執刀医、助手、麻酔科医、臨床工学技士、看護師のチームワークで行いますので、手術が無事終わった時は達成感があります。
特に8時間越えの大手術の場合は、爽快な疲労感があります。

その後、患者が快復して退院したことを知ったりすると、心底から安心しますし、時には感動します。

 

その辺がオペ室応援ナースの面白さややりがいですね。

 

a149a63382174802f1964b955a2f9b17_s

オペ室応援ナースの給与についてです。

 

総支給額 430,000円~500,000円

 

・賃金は月基本給40万円です。上記金額は待機手当等が含まれます。

・期限付き雇用ですので賞与・退職金はありません。

 

この給与は、オペ室応援ナースというシステムを展開しているナースパワーのもので、ナースパワーからの紹介で勤務する場合は、この給与形態になります。

 

 

私の場合は、5年間勤務した総合病院での給与よりは高収入となりました。

でも、賞与や退職金がないので、長期的に見た場合は、どちらか多くなるのか分かりませんが、今時点は大満足です。

 

基本、週末休みで、オンコールは月に5回くらい。

緊急オペなどが入らない限り夜勤もないので、働きやすい条件です。

 

オンコールは仕方ないですね。呼び出されることはそれほど多くないですが、ご飯を作り終えて食べる直前とか、お風呂に入っている最中に連絡がくると、タイミング悪いよ~と思うことはあります。

 

 

 

それから、住居を用意してもらえます。
費用は無料の場合もあれば、1~2.5万円くらいいの自己負担となります。

住居費は普通なら大きな負担となるため、無料もしくは格安で住むところが得られるのは大きなメリットだと思います。その分、自由に使えるお金が増えますし。

 

洗濯機や冷蔵庫などの家電もついているので、自分で用意する必要もないのが良いです。

 

転職でどこかに引っ越すことになっても、ほとんど荷物がいらないので、気楽に行けるのがうれしいですね。

 

8d377bbd9900a901138cc0ccf752fc48_s
オペ室応援ナースとして働くメリットとデメリット
です。


 

【メリット】

・希望通りオペ室で働くことができる

即戦力として働く場所を用意されている

・病院によっては、かなり技術の高い手術を間近で見られる

・オペ室看護師としての経験を積める

給与が高い

6ヶ月で他の病院に移ることも可能

住居が用意されているので、引っ越しを伴う転職でも気が楽

 
 

【デメリット

・一つの病院で長期的に安定して働くことはできない

・即戦力として働くので、プレッシャーが大きい

・希望の地域で求人案件がない時もある

・病院によっては同じようなオペしかない

 

  

正直なところ、デメリットは無理矢理書きました。

今のところ、メリットはたくさんあっても、デメリットに感じることがないんですよね。

 
 

一つの病院で働くのは、異動の可能性もあるし、嫌な人間関係に巻き込まれてしまうこともあるので、今のような短期契約での働き方の方が私に合っています。
でも中には、デメリットに感じる方もいるかな?と。


 

即戦力で働くことにプレッシャーを感じるかどうかも人それぞれだと思うのですが、私は、難易度が高いほどがんばるぞ、と気合いが入るし、経験のない術式だったりする場合は、前もって先輩ナースに分からないことを確認しておきます。
 

スペシャリストナースとして高い給与もいただいて勤務しているのですから、ある部分では自信をもって、待遇にきちんと応えられるように業務に集中しています。

 
 

また場合よっては、自分の経歴や希望に合う求人案件がないこともあると思います。
勤務場所だったり、業務内容だったり。そういう時は、タイミングにもよりますが、3ヶ月の勤務が可能な案件もあるので、とりあえず他で3ヶ月間勤務しながら他の求人を探すのも良いと思いますし、どんな病院でも自分を必要としてくれるなら6ヶ月間働くのも得られるものがあって良いんじゃないかな、とも思います。

 

応援ナースは、引っ越しを伴う場合でも住居を用意してもらえるのが大きなメリットです。

自分の気に入る求人案件が出てくるまで無職でいるよりは、看護師として働きながら他の求人を探す方が賢明かなと思います。

 

 

私は今の病院が結構気に入っているので、6ヶ月間の契約が終了しても、延長希望を出そうと思っています。

延長不可だったら他の病院を探しますが、少なくてもあと数年はオペ室応援ナースとして働き続けるつもりです。

20edcbd044b395e8494de68450d80066_s
オペ室看護師に戻りたく、転職活動らしきものを始めたところ、オペ室応援ナースという働き方を知りました。

 

普通にオペ室勤務の常勤看護師として働くことも考えました。

 

3ヶ所の看護師専門の求人サイトに登録もして、求人案件も見てみました。

看護師、准看護師、保健師、助産師の求人・転職は【看護のお仕事】
年間8.6万人が利用する看護師転職サイト『ナースJJ』
登録はこちら≪MC─ナースネット≫

※いろいろな案件を見てみるためにも、転職サイトには3か所くらい登録するのがおすすめ!
 

 

でも、また同じように総合病院の常勤看護師になると他の部署に異動になる可能性もありますよね。
それは嫌だな、と思ったんです。

 

あと、他の病院に転職すれば、また1からのスタートになる可能性も高いんですよね。
5年の経験があったので、できれば、同じような立場からの再スタートをしたかったんです。

 

 

そういうことを考えていたら、オペ室応援ナースは自分に合っているのかもしれないと思い始めてきて。


 

スペシャリストナースとして紹介され働くというのは、少しプレッシャーにも感じましたが、ナースパワーの担当者さんにも背中を押されて、何よりオペ室専属で働けるところに魅力を感じて、具体的に応募先を探し始めました。

 

 

同時に、辞職の意向を病院側に伝えました。

転職までしてオペ室看護師をやりたいということをなかなか信じてもらえず、引き留めにあったり、本当の理由(?)を聞かれたりもしましたが、最後は納得してもらたようで退職するのにもめることはなかったです。

 

同期にも、「なんでそこまでして、オペ室で働きたいの?」と不思議がられもしましたが、「自分でも分からないんだけどさー」と笑って答えていました。

本当に、ある部分では自分でも不可解なんですよね。

 

 

そういう経緯を経て、オペ室応援ナースとしての第一歩が始まりました。

↑このページのトップヘ