オペ室で応援ナースとして働く看護師のブログ

オペ室で応援ナースとして働く看護師のブログです。オペ室応援ナースで働くことをなぜ選択したのか、おすすめなのか、分かりやすく書いています。

オペ室応援ナースとは、短期契約でオペ室専門の看護師として働くシステムです。
即戦力で働くことができ、高収入・高待遇。
応援ナースで働きたい方はナースパワーに登録!
看護師さんの転職なら全国10万人が利用するナースパワー

タグ:オペ室応援ナース

office-work-1149087_640
オペ室応援ナースに向いている人についてです。

 

オペ室勤務につよいこだわりがある人が向いている気がします。

 

さらに応援ナースとして働くには、即戦力で働けるだけの経歴や危機管理能力、冷静な判断力が必要です。また手術は執刀医、助手、麻酔科医、臨床工学技士、看護師のチークワークで行われますので、まわりの動きを見て自ら判断して正しく動くことが必要ですね。

 


また、即戦力で働くというのは豊富な手術経験と知識が必要となると思います。
診療科目や術式が異なれば、看護師の働き方も変わります。

器械だし一つとっても異なりますし、手術の進行がある程度予想できなければ、執刀医をスムーズにアシストすることも難しくなります。

 

そのため、今ある経験や知識に頼るのではなく、常に経験を積み、知識を得る貪欲さがないと、行き詰まりを感じてしまうと思います。

 

時には、医師が読むような専門書を読んで知識をつけることもありますし、医師から直接術式について教えてもらうこともあります。

 

医学が進歩して新たな術式が出てくる限り、オペ室勤務の看護師も、常に新しい知識を蓄え続ける前向きさはないとしんどくなると思います。

 

 

それをやりがいと感じるか、辛いと感じるかは人それぞれですが、少なくともやりがいと感じられなければオペ室看護師は勤まらないと思います。

 

 

 

それから、応援ナースについてですが、6ヶ月間の短期契約でオペ室看護師の人手が足りない病院に勤務します。
勤務地域や病院へのこだわりが強すぎると思うような求人がないこともありますので、自分の中での優先順位はつけておいた方が良いですね。

 

あと応援ナースを選ぶ人というのは、どこででもすぐに即戦力で力を発揮できる強さがあります。
経験豊富でも性格的に向かないこともありますので、よく考えて判断した方が良いですね。

 

逆に、応援ナースとして働き始めることで、新たな自分に出会うこともあります。

 

オペ室応援ナースは一つの魅力ある働き方ですが、誰でも気軽にできるものではないです。

興味を持ったり気になる人は、まずはナースパワーに登録して、詳細を聞いてみることをおすすめします。

慌てて、今勤務する病院に辞表を出して、それから職探し、なんてことは避けてくださいね。

nurse-1160796_640
オペ室応援ナースとは、オペ室専門の看護師が、6ヶ月間の短期契約で病院勤務する応援制度です。

 
 

全国的にオペ室看護師が不足しており、その補充のために、全国からオペ室専門看護師を集結し、看護師の手が足りない病院をサポートするのです。

 
 

そのシステムを展開しているのは、ナースパワーです。

ナースパワーは、看護師専門の紹介会社として30年の歴史があり、扱っている求人先が全国38,000件以上と圧倒的に多いのです。

月収45万円以上確実な看護師転職はナースパワーへおまかせ下さい

 
 

そのナースパワーでは、応援ナースというスペシャリストナースを短期間契約で各医療機関に紹介するシステムを作り上げており、その中でも特異なのが、このオペ室応援ナースです。

 

オペ室ナースになるには資格条件があります。(※ナースパワーの規定)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

1.ナースパワーに登録している看護師・准看護師資格者

2.看護師として職業意識が高く協調性のある方

3.原則3年以上の手術室勤務経験者

4.業務に真摯に取り組む責任感がある方

5.多忙な病院にも対応できる方

6.当初の応援期間を遵守できる方

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

手術室勤務経験3年以上が必須条件ですから、基本的なオペ経験は問題がない、というレベルですね。

 

実際はそれ以上に、応援ナースとして勤務するということは、スペシャリストナースとして即戦力で働くことになります。

通常の病棟看護師以上に、危機管理能力冷静な判断力が必要となります。

 

 

総合系の急性期病院でのオペ室経験があれば一番良いのでしょうが、総合病院での勤務経験がなくても、整形、消化器、脳外科、循環器、心臓外科等の診療科目でのオペ室経験があれば、応募可能な場合があります。


 

詳細は、ナースパワーに問い合わせるのが良いですね。

↑このページのトップヘ