nurse-1160796_640
オペ室応援ナースとは、オペ室専門の看護師が、6ヶ月間の短期契約で病院勤務する応援制度です。

 
 

全国的にオペ室看護師が不足しており、その補充のために、全国からオペ室専門看護師を集結し、看護師の手が足りない病院をサポートするのです。

 
 

そのシステムを展開しているのは、ナースパワーです。

ナースパワーは、看護師専門の紹介会社として30年の歴史があり、扱っている求人先が全国38,000件以上と圧倒的に多いのです。

月収45万円以上確実な看護師転職はナースパワーへおまかせ下さい

 
 

そのナースパワーでは、応援ナースというスペシャリストナースを短期間契約で各医療機関に紹介するシステムを作り上げており、その中でも特異なのが、このオペ室応援ナースです。

 

オペ室ナースになるには資格条件があります。(※ナースパワーの規定)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

1.ナースパワーに登録している看護師・准看護師資格者

2.看護師として職業意識が高く協調性のある方

3.原則3年以上の手術室勤務経験者

4.業務に真摯に取り組む責任感がある方

5.多忙な病院にも対応できる方

6.当初の応援期間を遵守できる方

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

手術室勤務経験3年以上が必須条件ですから、基本的なオペ経験は問題がない、というレベルですね。

 

実際はそれ以上に、応援ナースとして勤務するということは、スペシャリストナースとして即戦力で働くことになります。

通常の病棟看護師以上に、危機管理能力冷静な判断力が必要となります。

 

 

総合系の急性期病院でのオペ室経験があれば一番良いのでしょうが、総合病院での勤務経験がなくても、整形、消化器、脳外科、循環器、心臓外科等の診療科目でのオペ室経験があれば、応募可能な場合があります。


 

詳細は、ナースパワーに問い合わせるのが良いですね。